【投資結果】ロボアドバイザー実績比較(49ヵ月)

2021年5月6日


スポンサーリンク

ロボアドバイザー実績比較(49ヵ月)

現在動かしているロボアドバイザーは、Wealth navi(以下WN) と Folio Robo Pro(以下FRP)の2本です。

両ロボアドバイザーとも元本50万円で運用しており、WNについては、ローンチ当初から運用を行っており、4年超(49ヵ月)を経過しました。

Folioに関しては、FRPは2020年7月からなので10か月、Folioおまかせの期間も含めると28ヵ月(Folioローンチからの期間と同じ)となります。

2021年3月の結果

4月の着地点に関しては、

WNは 717,830(217,830 +43.57%)

FRPは 599,612(99,612 +19.92%)

でフィニッシュです。

4月のアメリカ市場はそこまで好調だったわけではないのですが、WN、FRPとも着地結果としては、今月もまたプラスとなり、先月よりも利益が増える結果となりました。

来月には、FRPも60万円を超えてくる可能性が見えてきました。

※ 以前はTHEO、Folio(おまかせ投資)も動かして言いましたが、それぞれ解約しております。

※ 解約理由は別途記事をご覧ください。

運用グラフ

48ヵ月(4年)経って、28%超のプラスです。

①元本 ②2020年3月  (②/①) ③2021年4月 (③/①) 前月差分  (③/②)
WN 500,000円 695,422円(139.08%) 717,830円(143.57%) +22,408円(103.22%)
FRP 500,000円 590,960円(118.19%) 599,612円(119.92%) +8,652円(101.46%)
合計 1,000,000円 1,286,382円(128.64%) 1,317,442円(131.74%) +31,060円(102.41%)
THEO 500,000円 518,925円(103.79%) 2020年6月解約、3年回して左結果
ドル円 111.53円 110.70円 109.26円 -1.33円

※ドル円はyahoo financeより

※WNは最大リスク設定にしています。

WN

 

WNは今年に入ってからの上昇は大きく、グラフを運用利率に合わせると、収まらなくなってきています。

運用額(棒グラフ)は、70万円超となり更新しました。

順調な運用状況に見えるのですが、実際は2020年3月のコロナショックで元本割れをしています。

4年間運用しよーが、コロナショック時から運用しても、結果は一緒という身も蓋もない事実があります。

リーマンの時もそーだったのですが、数年に一度くる超暴落時に回数分けて、米株にぶっこむのがやはり正解かと思います。

FRP

おまかせ投資からFRPに変更して、7ヵ月経っているのですが、FRPにしてから毎月大きな変動を受けることなくプラス運用されています。

毎月リバランスしているのが、FRPの特徴ですが、それによって一定の傾き、ハイリスクでも、ハイリターンでもない状況にあるのかもしれません。

ただ、WNと比べてしまうとやはり見劣りしてしまうのは否めません。

FOLIO ROBO PRO

5月アノマリー

アノマリーに関しては、下記に纏めてあります。

5月は上期においての株式の下落月なので、注意が必要です。

一方で、金とビットコインが上昇する可能性が高く、6月には下がる傾向が高いようです。

金は一時に比べるとかなりの下落しているので、一時的に上昇する可能性がありそうです。

BitCoinに関しては、先月700万円超を付けた後、急激に崩れ、500万円割れ寸前迄いっていましたが、その後600万円まで回復を見せており、この勢いで5月を駆け上るかもしれません。

私は金もBitCoinの取引を行っていませんが、5月の後半においても上昇傾向にあるのであれば、数回に分けてショートを入れ、6月に望みたいです。

過去のWNの動き

尚、過去のWNの動きを見ると、5月は上昇3回、下落1回でした。

 

FOLIO ROBO PRO FOLIO ROBO PRO