【AI投資】Folio Robo Pro はじめます

2020年6月13日


FOLIO ROBO PRO

スポンサーリンク

ロボアドのポートフォリオ変更

これまで3つのロボアドバイザー

『Wealth Navi』『THEO』は3年以上、『Folio』は1年以上運用してきました。

ロボアドバイザー利用していた理由は

  1. どの程度資産が増えるのか興味があった
  2. ブログのネタ

今回、3年以上回して結果が見えたのと新しいロボアドバイザーが登場した様なので、

ロボアドバイザー投資のポートフォリオを変更します。

Wealth Navi

変更なし

このまま継続・運用します。

THEO

『THEO』は『Wealth Navi』と同じ38ヵ月間運用してきました。

2020年のコロナ相場の影響により、『Wealth Navi』『Folio』が元本回復している中、

3月,4月,5月と3ヵ月連続で元本割れとなっていました。

6月の頭に何とか、元本回復をいたしましたので、これを機に口座解約します。

戦力外通告、クビです。

When Will America Fire Trump? | New American Journal

理由は、これまで運用結果が全てです。

理由①:アルゴが機能しない

急激な下落局面は急激に落ち、上昇局面では全く上昇しない

Wealth NaviやFolioに比べて、ボラティリティがマイルドなことは、これまでお伝えしてきた通りです。

ボラティリティがマイルドと書いてきましたが、コロナショック時にはそんなものは全く関係ありませんでした。

下落時はマイルドな性能は作用せず、Wealth NaviやFolioと同じ様に急下落する一方で、上昇局面ではマイルドさが作用して全く上がりません。

ピンチの時に何ひとつ頼りにならないのです。

これならば、Wealth NaviやFolioに任せた方が良いです。

理由②:お金増えない

3年以上運用してきて、最高に成績が良かった月で558,284円(111.66%)にしかなりませんでした。

同期間運用してきた Wealthnavi は582,947円(116.59%)で、一時的には60万円超えた日もあります。

年利4%で手数料の1%を抜かれて、年利3%

5%以上くらいで回ってくれないとAI・ロボアドバイザー使う必要ないじゃんって感じです。

それに加えて①です。

私はブログネタのために少額投資を行っていますが、より多くの資金で長期投資を行うのであれば、この方法ではありません。

今回、詳細は書きませんが、どー考えても、アメリカ株(ETF等を含み)への直接投資しかないと思っています。

注意

THEOは運用を止めるということが出来ず、止める=口座解約です。

口座解約した場合、その年の12月31日まで新たに口座開設できません。

Folio

Folioは11月の頭に一端決済(523,459円)しています。

6月の頭に523,459円をoverしましたので、ここで再度全額決済します。

決済金額は534,528円で、前回よりも約1万円増えました。

理由①:Robo Pro

で、これまでの『おまかせ投資』から『Robo Pro投資』に変更します。

Folioでは今行っている『おまかせ投資』を行いつつ、『Robo Pro投資』を同時に行うことが出来ません。

そのため、今回を以って『おまかせ投資』は終了です。

FOLIO ROBO PRO

 おまかせ投資について

個人的な意見になりますが、ロボアドバイザーとして、長期間回していても良いと思います。

これまで何度も書いていますが、

Folioの特徴はWealth Naviに非常に近く、ロボアドバイザーとしては、ボラティリティが高いことです(ハイリスク設定)。

通常、下落局面のスピード&パワーは上昇局面よりも強烈です。

そのため、長期投資と云え、上昇局面でのパワーがないと、当然ですが投資側に有利には働きません。

サービススタート直後からの付き合いですが、

Folioはこの点はカバーしていると思いますので、長期積立投資を行っていけるのではないかと思います。

ただ、業界最大手の Wealth Navi が非常に近い動きをします。

それとの差別化として、Robo Proを導入してきたのかもしれません。

Folio Robo Pro

Folio Robo Pro(以下FRP)を2020.6.9にスタートさせました。

FRPが、これまでの『おまかせ投資』また他のロボアドバイザーと何が違うのか?

一番の売りは短期的な投資運用戦略も行っていくことのようです。

多くのロボアドバイザーが長期運用を前提とした投資戦略を組んでいますが、FRPはそれに限らないようです。

リバランス期間

リバランスを月1で行っていく点も短期運用を考えてのことかと思われます。

Wealth Navi 、THEO等のリバランスは半年に一度行われます。

今回のコロナショックの様な場合、リバランスが半年間見直されず

下げ相場が延々と続いてしまうと利益をあげることは勿論、損失を小さくすることも難しいかもしれません。

とは言っても、コロナショックに限っては、3月は悲惨な状況でしたが、

4,5月は爆上げしていたので、短期のリバランスが効いたか、どうかは微妙です。

運用成績

FRPを利用して、2015年1月1日〜2019年12月31日の5年間のシミュレーションを行ったところ

これまでのロボアドバイザーは、ポートフォリオ理論に基づいたアルゴリズムで動いているようですが、

FRPに関しては、ディープラーニング、ビッグデータ解析に強みを持っている

AlpacaJapan㈱と共同で開発したAI、ロボアドバイザーを使用しています。

今回利用するAIは、元々金融機関向けに提供されていたものの進化版とのことです。

運用報酬料

FOLIO ROBO PRO投資一任契約に基づく報酬の料率は、運用資産に組み入れられたETFの時価評価額に応じて、次のとおりとします。

  • 運用資産に組み入れられたETFの時価評価額3,000万円以下の部分の報酬料率 年率1.00%(税抜)
  • 運用資産に組み入れられたETFの時価評価額3,000万円を超える部分の報酬料率 年率0.50%(税抜)

条件は『おまかせ投資』と同じです。

Wealth Navi も基本は同じです。THEOは毎月の積立額と期間で変動します。

個人相手の商売なので、3000万円超をこれにぶち込む人は、殆どいないと思います。

その他

最低投資金額は10万円で『おまかせ投資』と一緒です。

積立投資は現在対応していないので、この点が他のロボアドバイザーなんかとは違います。

ドルコスト平均法といった投資戦略を取りたい人は、自分で毎月決まった日に入金をせざるを得ません。

FOLIO ROBO PRO FOLIO ROBO PRO