【投資結果】ロボアドバイザー実績比較(37ヵ月)





スポンサーリンク

ロボアドバイザー実績比較(37ヵ月)

ロボアドバイザー回し始めて、3年を超えました。

先月はコロナショックをモロに喰らい、投資期間中最大の損失、DDを受けました。

しかし、今月はその損失幅を急激に圧縮しました。

円ベースで99.04%、ドルベースで102.16%です。

円ベース、ドルベース両方とも、爆下げを食らいました。

Wealth Navi

最も含みを持っていたのは『WN』です

3月は2月に比べ、-7万円近く迄落ちるという結果だったのですが

今月は+4万円くらいの結果となり、元本の50万円を回復しました。

3月 4月
円ベース 469,170(93.83%) 503,896(100.77%)
ドルベース 4362.77(100.12%) 4711.54(108.18%)

円ベース、ドルベース共に、先月に比べ、7%超と大幅な回復をいたしました。

ハイリスク設定の『WN』の投資先の多くは、株式に向かっています。

NYSEが18000ドルから24000ドルまで急回復したことが一番の理由です。

THEO

『THEO』も『WN』と同じ、37ヵ月間運用しています。

3月 4月
円ベース 453,464(90.69%) 474,557(94.91%)
ドルベース 4206.14(96.64%) 4427.66(96.64%)

3月は7万円下げたTHEO、数字は改善しましたが、WN程の回復はしていません。

ってか、未だ元本割れの状態です。

THEO(テオ)カラーパレット

Folio

Folioは11月の頭に一端決済(523,459円)しています。

以降稼働させていなかったのですが、2月の最終日に再開しました。

3月中に10万円追加して動かしましたので、40万円分だけ回っている状態です。

3月 4月
円ベース 420,614(84.12%)

297,043(74.26%)

507,096(101.1%)

383,525(95.88%)

ドルベース 3901.44(80.35%)

2755.25(74.26%)

4731.26(107.5%)

3608.18(103.4%)

※下段が動かしている金額

円ベースにおいて、元本超えをしていますが、実際に運用している分の金額はまだ-4%くらいの感じです。

Folioの特徴はWNに非常に近く、ロボアドバイザーとしては、ボラティリティが高いことです。

上げる時はガツン!と上げて、下げる時もガツン!と下がる。

3月のときの下げも酷かったのですが、4月の上げも9万円近くと、3ロボの中では最も大きな上げとなりました。



円ベースグラフ

37ヵ月経って、約1%のマイナスです。

先月、24万円と運用期間で最も大きなDDとなりましたが、今月はその半分以上が戻った感じです。

150万円運用して、現在148.5万円、後ちょっとで元本回復です。

①元本 ②2020年3月31日(②/①) ③2020年4月30日(③/①) 前月差分(③/②)
WN 500,000円 469,170円(93.83%) 503,896円(100.78%) 34,726円(107.4%)
THEO 500,000円 453,464円(90.69%) 474,557円(94.91%) 21,093円(104.7%)
Folio 500,000円 420,614円(84.12%) 507,096円(101.42%) 86,482円(120.6%)
合計 1,500,000円(223,459円) 1,343,248円(89.55%) 1,485,549円(99.04%) 142,301円(110.6%)
ドル円 111.53円 107.81円 107.18円 -0.63円

※ドル円はTHEOより

※Folioは3月に関しては40万円運用

※この3つのロボアドバイザーは各社各ロボアドバイザーにおける最大リスク設定にしています。

ドルベースグラフ

ドルベースで見た場合、前月比は『WN』は+348.77ドル、『THEO』は+221.52ドル、『Folio』は+829.81ドル、

合計1400.10ドルのプラスとなりました。

37ヵ月運用して、約11%のプラスです。

成績に関しては『Folio』>『WN』>『THEO』の順番になりました。

『Folio』は2月の最終日に再稼働しているため、今回TOPになっています。

①2017年3月 ②2020年3月31日(②/①) ③2020年4月30日(③/①) 前月差分(③/②)
WN 4357.55ドル(101.6%) 4362.77ドル (100.12%) 4711.54ドル (108.12%) 348.77ドル (+7.99%)
THEO 4395.75ドル(101.0%) 4206.14ドル (96.64%) 4427.66ドル (101.73%) 221.52ドル (+5.26%)
Folio 4399.50ドル(100.0%) 3901.44ドル (80.35%) 4731.26ドル (96.87%) 829.81ドル (+21.2%)
合計 13,220.57ドル 12470.35ドル (91.85%) 13870.46ドル (102.16%) 1400.10ドル (+11.2%)
ドル円 111.53円 107.81 107.18 -0.63円

※ドル円はTHEOより


5月アノマリー

5月は『sell in may』です。

以前も書きましたが、『5月に上がるのから売ってしまおう』が本来の意味です。

が、日本では5月は下がるので注意しようと逆の意味で使われています。

ただ、今年はコロナショックの影響があり、これらのアノマリーは基本的には通じないでしょう。

コロナショック

ダウは2020年2月12日に史上最高値29551.42を付けましたが、

そこから結局1万ドル以上下げて、3月には18591ドル(-37%)迄付けました。

そして、4月は24000ドルくらいまで回復をしました。

3月の下げはコロナによる恐怖というものでしたが、今後はコロナによる企業業績の悪化結果が出てきます。

その結果によっては、2番底を狙いに行く可能性があります。

尚、リーマンショックの時も下げは半年近く続いて、底を付けてから回復していきました。

落ちるナイフ拾いは触る

『落ちるナイフは触ってはいけない』とよく言われますが、

毎日1000ドル下げ、サーキットブレーカー発動の3月の下げ相場時にドカ買いではないのですが、

NISA枠使い切るくらいの買い、更にお代わりの買いを入れました。

アメリカ株はコロナ前は+40%近くの含み益があったのですが、

ナイフを拾いつつ、アメリカ株投資額を増やしていました。

途中、含み損を抱えるような時期もあったのですが、4月の終わりには投資額増やして、なお+25%にまで回復しています。

やっぱりアメリカ株は最強です!!!

2番底狙いに機会があれば、今回以上の買い入れをします。

再度、申し訳ございませんでした

正直、コロナなんて直ぐに収束すると思っていました。

銀行が潰れるとか、金融システムが破綻しているとかでもないし、大した影響ないと思っていました。

でも、コロナで「家から出るな!」「店営業するな!」となるとは思っていませんでした。

現在、日本においても緊急事態宣言が発動し、自宅から出ないように政府から要請、お願いされている状態です。

ニュースを付ければ「今日の感染者数はX人」「補償!補償!」こんなんばかりです。

経済が止まるとは全く思っていませんでした。楽観的に考えていて、申し訳ありませんでした。

全くの的外れでした。

予告ロボアドバイザー実績(38ヵ月目)

次回

THEO(テオ)カラーパレット