【FX為替】カニトレーダーが行く!@

2019年5月5日


スポンサーリンク

カニさん

投資系のyoutubeも多々ありますが、正直、見る価値ないものばかりです。こんなの見るなら、取り敢えず、ファイナンスの教科書読んだ方がよっぽどタメになるようなものばかりです。殆ど詐欺みたいな奴から、ド素人等、よーく顔出してやっているなぁーなんてのもある中、自分の手法・手の内晒して、実況トレードをしている人がいます。それが『カニトレーダー』さんです。投資系youtuber、全員を知っている訳じゃないですが、この人は投資家としてめっちゃ優秀です。投資成績見れば一目瞭然です。

  • 2018/1/15~12/14(約1年間)
  • エントリー数 3808回
  • 勝敗 2941勝 845敗 22分
  • 勝率 77.23%
  • pips +3453.1pips
  • 生配信累計収支 +2,532,295円

勝率は脅威の77%超なので、本物の実力ですね。いやはや感服です。手法を公開して、実況しながら勝つのですから、本当にスゴイです。『FXで儲けたい!!!』って人は是非一度youtubeを見てみるなり、ブログを見てみると良いと思います。youtubeに関しては、最後に動画載せておきます。

カニの手法

手法は確立されていて、『oanda』のオーダーブックを利用する方法です。かなりざっくりした説明すると、長期で保有するのではなく、数分から数日くらいで保有と決済を繰り返している感じです。どの程度で決済しているかは、市場トレンド、指標、オーダーブックの積み上げ等により、まちまちのようですが、損切ラインは最初から入れているようです。


  1. 大きなトレンドを掴む(上げなのか、下げなのか)
  2. ロング(ショート)の厚い箇所(オーダーの 多 い ポイント)でポジション取る。もっと言うならば、かつショート(ロング)が薄い方がより好ましい
  3. ロング(ショート)の薄い箇所(オーダーの少ないポイント)を刈り取って決済

ってのが、大まかな流れでしょうか。オーダーの多いところでポジションを取るので、順張り手法のひとつです。

ロング(ショート)の厚さはどこで把握しているかというと『oanda』のオーダーブックを利用しています。

『oanda』独自のサービスなので、オーダーブックを見たいとなると、『oanda』に口座を開く必要があります。一応、無料のオーダーブック(上グラフ)を見ることも出来るのですが、カニ手法を真似したいとなると、無料のオーダーブックではちょっと厳しい気がします。

口座保有者が見られるオーダーブックの場合は、ここにチャート図も乗ってきます。詳細知りたい方は、取り敢えず、カニさんのyoutube動画を一度見てみることをお勧めします。

カニ動画

理系の私はボリンジャーバンド(正規分布の±2σ)が好きなのですが、『oanda』のオーダーブックを利用するカニ手法はかなり勉強になりました。大イベント前などは、オーダーブックをチェックしつつのボリンジャーって感じですかね。


カニトレーダーが行く2(追記)

カニセミナーに行く!!!